意外と競争率が激しい仕事

ファーストフードの求人を見てみると未経験者OKや、バイトデビューにぴったり、という言葉が並んでいます。そういうところから、気軽に仕事を始めることができて誰にでもできるという印象を受ける人も多いでしょう。誰にでもできるというのは確かなことであり、未経験者でも仕事さえ覚えればできるというのは間違えではありません。キッチンやホール、カウンターなどの仕事は事前に研修があったり先輩が仕事を教えてくれるので、仕事さえ覚えれば誰にでもできるものです。しかし、気軽に始められるかというと必ずしもそうではありません。ファーストフードのお店の種類によっては人気が高いものもあり、応募と採用に関して競争が激しい場合もあるからです。立地条件やお店の種類を選ばなければバイト先を見つけることはそれほど難しくはありませんが、ぜひとも働きたい場所があるという場合には激戦区となる可能性もあるのです。仕事をする場所としての人気の高さはお客としての人気の高さとは必ずしも相関しないということも注意が必要な点でしょう。働きやすさとお客として受けるサービスの良さやおいしさは必ずしも関係がないからです。概してファーストフードでは最小限の人員で仕事を動かすということに重点が置かれているため、どの現場でも忙しさがあることは否めません。しかし、その忙しさの度合が店舗によって異なり、店長の裁量によってそれが決まっていることがほとんどです。そのため、どのチェーン店かという情報よりも、個々の店舗での実情についての情報を集めることがより働きやすい場所を探す上で重要になります。そういった働きやすい場所では競争が激しいことにも留意して、しっかりと準備をして求人面接に挑むとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です